桜肉

【意味】 桜肉とは、馬肉。単に「さくら」とも。これを味噌仕立てにしたり、すき焼き風にした鍋物は「桜鍋」と言う。

【桜肉の語源・由来】

馬肉の色が桜色であるからや、桜の咲く時期の馬肉は冬の間に草や殻類を沢山食べて脂がのって美味しいことからといわれる。
しかし、鮮やかな桜色をしている時間は短く、時間が経ち酸化すると黒っぽい茶褐色になることや、昔は刺身ではなく鍋物として食べられることが多かったため、桜色の説はやや考え難い。
また、鍋物として食べられていたものが、桜の咲く時期に美味しいという現代人の味覚で呼ばれるようになったというのも考え難い。
江戸時代には獣肉を食べることが禁じられており、そのまま呼ぶことがはばかられたため、猪の肉を「牡丹(ぼたん)」、鹿の肉を「紅葉(もみじ)」と呼んでいたように、馬肉にも植物系の名前をつけようとしたことが基本としてあったと思われる。
そこに「桜」が選ばれた理由として切った時の肉の色があり、「桜肉」と呼ばれるようになったのではないだろうか。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス