【意味】 桜とは、バラ科サクラ属の落葉高木または低木。一般にはサクラ亜属に属するもの。日本の国花。

【桜の語源・由来】

語源は、動詞「咲く(さく)」に接尾語「ら」が付き、名詞になったものいわれる。
サクラは奈良時代から栽植されたが、当時は田の神が来臨する花として、「信仰」「占い」のために植えられることが多かった。
そのため、「さ」は耕作を意味する古語「さ」、もしくは「神霊」を意味する「さ」を表し、「くら」は「座」を表すといった説もあるが、あまり有力とされていない。
古代に「サクラ」と呼ばれていたのは、現在の山桜のことであったとされる。

【関連語】

アーモンド アップル アプリコット
アンズ・杏子・杏(あんず) イチゴ・苺(いちご) イヌザクラ・犬桜(いぬざくら)
姥桜(うばざくら) ウメ・梅(うめ) 梅と桜(うめとさくら)
大島桜(おおしまざくら) カイドウ・海棠(かいどう) カリン・花梨(かりん)
木・樹(き) キイチゴ・木苺(きいちご) 咲く(さく)
偽客(さくら) 桜海老(さくらえび) 桜前線(さくらぜんせん)
サクラソウ・桜草(さくらそう) 桜肉(さくらにく) サクラマス・桜鱒(さくらます)
サクランボ サンザシ・山査子(さんざし) シャリンバイ・車輪梅
ストロベリー スモモ・李(すもも) ソメイヨシノ・染井吉野
田(た) チェリー ナシ・梨(なし)
ナナカマド・七竈(ななかまど) バクチノキ・博打の木 花・華(はな)
ハマナス・浜茄子(はまなす) バラ・薔薇(ばら) 春(はる)
ピーチ 彼岸桜(ひがんざくら) ビワ・枇杷(びわ)
プラム プルーン ヘビイチゴ・蛇苺(へびいちご)
ボケ・木瓜(ぼけ) 紅葉(もみじ) モモ・桃(もも)
八重桜(やえざくら) ヤマブキ・山吹(やまぶき) ユキヤナギ・雪柳(ゆきやなぎ)
ラズベリー リンゴ・林檎(りんご)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス