【意味】 酒とは、アルコール分を含み、人を酔わせる飲み物の総称。日本酒をさすことが多い。

【酒の語源・由来】

「さ」は接頭語「さ」で、「け」は酒の古名「き」の母音変化が有力とされる。
一説には、古名の「汁(しる)」と「食べ物」を意味する「食(け)」で、「汁食(しるけ)」から転じたとする説もあるが、有力とはされていない。
その他の説では、飲むと晴れ晴れすることから、「栄え水(さかえみず)」と呼ばれており、「栄え水」が転訛して「さけ」になったする説。
同様に「栄えのき(「き」は酒の古名)」が転訛し、「さけ」になったする説。
飲むと風寒邪気を払うため、「避ける」から「さけ」になったする説などあるが、これらは酒造関係者から出た俗説と思われる。
また、古くは「クシ」とも呼ばれ、酒の神様を「久志能加美、久斯榊(クシの神)」と言う。
この「クシ」を語源とする説もあるが、「クシ」から「さけ」に転訛することは考えがたい。
「クシ」の語源は、酒は飲むと人の心を奪うため、「奇し(くし)」「怪し(けし)」が転じたものといわれる。

【関連語】

アルコール 泡盛(あわもり) 居酒屋(いざかや)
ウイスキー ウォッカ 蟒蛇(うわばみ)
お猪口(おちょこ) 御神酒(おみき) 鏡開き(かがみびらき)
カクテル 神(かみ) カルバドス・カルヴァドス
燗(かん) キール 貴腐ワイン(きふわいん)
管を巻く(くだをまく) 下戸(げこ) 麹(こうじ)
コニャック 米(こめ) 杯・盃(さかずき)
肴(さかな) サワー シードル
シェリー シャンパン 酒池肉林(しゅちにくりん)
上戸(じょうご) 焼酎(しょうちゅう) 汁(しる)
ジン 酢(す) スパークリングワイン
スピリッツ 千鳥足(ちどりあし) チューハイ・酎ハイ
銚子(ちょうし) 泥酔(でいすい) デカンタ
テキーラ 杜氏(とうじ) 屠蘇(とそ)
徳利(とっくり) 濁酒(どぶろく) どんちゃん騒ぎ(どんちゃんさわぎ)
バーボン ビール ブランデー
へべれけ ポートワイン ボジョレー・ヌーヴォー
ホップ 水(みず) ラム酒(らむしゅ)
リキュール ワイン

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス