【意味】 魚とは、魚類の総称。

【魚の語源・由来】

魚は、元々「酒菜(さかな)」と書き、「酒のつまみ」を意味していた。
奈良時代から室町時代にかけて、「さかな」と呼ばれていたものは、「塩」「スモモ」「味噌」などで、江戸時代以降、酒の肴に魚肉が多く使われたため、魚肉を「さかな」と呼ぶようになった。
本来、魚類全般は「いを」と言い、「いを」から「うを」、「うを」から「うお」へと変化した。
しかし、「うお」では不安定な母音の連続になるため、海や川で泳いでいる魚類も「さかな」と呼ぶようになった。

【関連語】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

魚(さかな)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
魚のことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス