左官

【意味】 左官とは、壁を塗る職人。かべぬり。壁大工。泥工(でいこう)。しゃかん。

【左官の語源・由来】

左官は、平安時代に宮殿の建築や宮中を修理する職人を「木工寮の属(さかん)」と言い、壁塗り職人を木工属に任命して出入りを許可していたことから、「さかん」と呼ぶようになった。
属(さかん)は、律令制で各官庁の階級を「かみ」「すけ」「じょう」「さかん」と構成した四等官のひとつである。
漢字の「左官」は当て字で、古くは「沙官」「沙翫」と表記されていた。
「左官」を「しゃかん」と発音するのは「さかん」の訛りであるが、「沙」の字が当てられていたことから、単なる訛りではないとも考えられる。

【関連語】

カーペンター 鍛冶(かじ) ガテン系(がてんけい)
壁(かべ) クロス コテ・鏝(こて)
仕事(しごと) 漆喰(しっくい) セメント
大工(だいく) タイル 巧み・匠・工(たくみ)
土(つち) 棟梁(とうりょう) 土方(どかた)
鳶職(とびしょく) 泥(どろ) 塗る(ぬる)
斫り・削り(はつり) 左(ひだり) 普請(ふしん)
ブルーカラー 塀(へい) モルタル
レリーフ レンガ・煉瓦(れんが)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス