賽銭

【意味】 賽銭とは、寺社に参拝し、神仏に奉納する金銭。散銭。

【賽銭の語源・由来】

「賽」は「神恩に報いる」という意味であるが、中国には「賽銭」の漢語がないため、和製漢語と考えられる。
「散銭」とも書かれ、神前に撒き散らす米(供える米)を「散米」ということから、「散米」に由来するともいわれる。
古くは、幣帛や米が供えられていたが、貨幣が流通するようになると銭貨が奉納されるようになった。
そのことから、「散米」が「散銭」となり、「神恩に報いる」の意味で「賽銭」になったということは十分に考えられる。

【関連語】

生け贄・生贄(いけにえ) 祈る・祷る(いのる) お布施(おふせ)
御神酒(おみき) 御神籤(おみくじ) 柏手・拍手(かしわで)
金(かね) 神(かみ) 巫・覡(かんなぎ)
カンパ 香典(こうでん) 米(こめ)
捧げる(ささげる) 銭(ぜに) 供える(そなえる)
托鉢(たくはつ) 駄賃(だちん) 奉る(たてまつる)
玉串(たまぐし) 手向け(たむけ) チップ
チャリ銭(ちゃりせん) 寺(てら) 鳥居(とりい)
和幣(にきて) 幣(ぬさ) 熨斗(のし)
祝詞(のりと) 初詣(はつもうで) 餞・贐(はなむけ)
袱紗・帛紗・服紗(ふくさ) プレゼント 仏(ほとけ)
祭る・祀る・奉る(まつる) 巫女(みこ) 水引(みずひき)
幣(みてぐら) 宮(みや) 土産(みやげ)
報いる・酬いる(むくいる) 社(やしろ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス