賽の河原

【意味】 賽の河原とは、子どもが死んでから行くといわれる冥土の三途の川のほとりの河原。無駄な努力のたとえ。西院の河原。斎院の河原。

【賽の河原の語源・由来】

賽の河原は、地蔵や小石塔が建てられ庶民の葬送が行われた山城国佐比河原(京都の鴨川と桂川の合流地点)に由来するともいわれるが、仏教の地蔵信仰と民間信仰の道祖神「塞の神(さえのかみ)」が習合したというのが通説である。
賽の河原には、親に先立って死んだ小児が石を拾って父母供養のために塔を作ろうとするが、石を積み上げると鬼が来て塔を壊してしまい、これを地蔵菩薩が救うという話があるが、仏典には典拠がなく民間信仰による俗信である。
この俗信から、「賽の河原」は無駄な努力のたとえにも用いられるようになった。

【関連語】

荒城・殯(あらき) 石(いし) 往生(おうじょう)
鬼(おに) お彼岸(おひがん) お盆(おぼん)
骸骨(がいこつ) 戒名(かいみょう) 神(かみ)
川・河(かわ) 河原・川原(かわら) 子(こ)
懺悔(ざんげ) 三途の川(さんずのかわ) 地獄(じごく)
地蔵(じぞう) 死ぬ(しぬ) シャリ・舎利(しゃり)
髑髏(しゃれこうべ) 卒塔婆(そとば) 塔(とう)
ドクロ・髑髏(どくろ) 土左衛門(どざえもん) 墓(はか)
棺・柩(ひつぎ) 葬る(ほうむる) 菩薩(ぼさつ)
仏(ほとけ) 辺・畔(ほとり) 無駄(むだ)
冥土・冥途(めいど) 殯(もがり) 黄泉(よみ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス