細君

【意味】 細君とは、他人に対して自分の妻を謙遜していう語。同輩以下の者の妻をさしていう語。当て字で「妻君」とも書く。

【細君の語源・由来】

細君の「細」は、「小」「つまらないもの」の意味で、中国語からの借用。
自分をへりくだっていう「小生」や、自分が勤めている会社を「小社」というのと同じく、他人に対し自分の妻をへりくだっていう語である。
転じて、他人の妻をいうようになったが、ごく軽い敬意をもって同輩以下の人の妻をいう語で、目上の人の妻をさして「細君」というのは失礼にあたる。

【関連語】

許婚・許嫁(いいなずけ) 御方様(おかたさま) おかみさん
奥方(おくがた) 奥様(おくさま) 家内(かない)
寡婦・寡夫(かふ) 后・妃(きさき) 後家(ごけ)
腰元(こしもと) 自分(じぶん) 主婦(しゅふ)
糟糠の妻(そうこうのつま) 側室(そくしつ) 妻(つま)
つまらない 二号(にごう) 女房(にょうぼう)
夫人(ふじん) 遜る・謙る(へりくだる) マダム
ミセス 未亡人(みぼうじん) 妾(めかけ)
山の神(やまのかみ) 寡・寡婦・鰥夫(やもめ) 嫁(よめ)
ワイフ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス