サギ

【意味】 サギとは、コウノトリ目サギ科の鳥の総称。くちばし・首・脚が細長い。水辺に生息する。

【サギの語源・由来】

サギの語源には、羽が白いことから「サヤケキ(鮮明)」の意味とする説。
鳴き声が騒がしいことから、「サヤギ(騒)」の意味とする説。
「サケ(細毛)」や「サケ(白毛)」など、羽毛に由来する説。
「キ(ギ)」は「トキ」「シギ」などと同じく「鳥」を意味する接尾語で、「サ」が「白」を表し、「白い鳥」の意味とする説。
水辺の鳥なので、「イサ(磯)」に「キ(鳥を表す接尾語)」が付いたとする説がある。
漢字は、「白」+音符「路」からなる形声文字。
「路」は「露(透き通る白いつゆ)」に通じ、「鷺」は「透き通るように白い鳥」を表す。

【関連語】

アオサギ・青鷺(あおさぎ) アマサギ・黄毛鷺(あまさぎ) 磯(いそ)
オオヨシゴイ・大葭五位 オニアオサギ・鬼青鷺 嘴(くちばし・はし)
首・頸(くび) クロサギ・黒鷺(くろさぎ) ゴイサギ・五位鷺(ごいさぎ)
コウノトリ・鸛(こうのとり) コサギ・小鷺(こさぎ) サギソウ・鷺草(さぎそう)
鷺を烏(さぎをからす) ササゴイ・笹五位(ささごい) 騒ぐ(さわぐ)
サンカノゴイ・山家五位 シギ・鴫・鷸(しぎ) シラサギ・白鷺(しらさぎ)
白(しろ) ダイサギ・大鷺(だいさぎ) チュウサギ・中鷺(ちゅうさぎ)
露(つゆ) トキ・鴇・朱鷺(とき) トリ・鳥(とり)
泣く・鳴く・啼く(なく) ハシブトゴイ・嘴太五位 羽・羽根・翅(はね)
ヒロハシサギ・広嘴鷺 ミゾゴイ・溝五位(みぞごい) ヨシゴイ・葭五位(よしごい)
リュウキュウヨシゴイ

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス