サギ

【意味】 サギとは、コウノトリ目サギ科の鳥の総称。くちばし・首・脚が細長い。水辺に生息する。

【サギの語源・由来】

サギの語源には、羽が白いことから「サヤケキ(鮮明)」の意味とする説。
鳴き声が騒がしいことから、「サヤギ(騒)」の意味とする説。
「サケ(細毛)」や「サケ(白毛)」など、羽毛に由来する説。
「キ(ギ)」は「トキ」「シギ」などと同じく「鳥」を意味する接尾語で、「サ」が「白」を表し、「白い鳥」の意味とする説。
水辺の鳥なので、「イサ(磯)」に「キ(鳥を表す接尾語)」が付いたとする説がある。
漢字は、「白」+音符「路」からなる形声文字。
「路」は「露(透き通る白いつゆ)」に通じ、「鷺」は「透き通るように白い鳥」を表す。

【関連語】

アオサギ・青鷺(あおさぎ) アマサギ・黄毛鷺(あまさぎ) 磯(いそ)
オオヨシゴイ・大葭五位 オニアオサギ・鬼青鷺 嘴(くちばし・はし)
首・頸(くび) クロサギ・黒鷺(くろさぎ) ゴイサギ・五位鷺(ごいさぎ)
コウノトリ・鸛(こうのとり) コサギ・小鷺(こさぎ) サギソウ・鷺草(さぎそう)
鷺を烏(さぎをからす) ササゴイ・笹五位(ささごい) 騒ぐ(さわぐ)
サンカノゴイ・山家五位 シギ・鴫・鷸(しぎ) シラサギ・白鷺(しらさぎ)
白(しろ) ダイサギ・大鷺(だいさぎ) チュウサギ・中鷺(ちゅうさぎ)
露(つゆ) トキ・鴇・朱鷺(とき) トリ・鳥(とり)
泣く・鳴く・啼く(なく) ハシブトゴイ・嘴太五位 羽・羽根・翅(はね)
ヒロハシサギ・広嘴鷺 ミゾゴイ・溝五位(みぞごい) ヨシゴイ・葭五位(よしごい)
リュウキュウヨシゴイ

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

サギ・鷺のことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス