サフラン

【意味】 サフランとは、ユリ目アヤメ科の多年草。南ヨーロッパ原産。秋に紫色の6弁花をつける。花柱は鎮静・止血・通経薬、香辛料や着色剤に使用する。蕃紅花(ばんこうか)。

【サフランの語源・由来】

サフランは、オランダ語「saffraan」からの外来語で、「黄色」を意味するアラビア語「za'farân」に由来する。
英語では「saffron」、フランス語とドイツ語は「safran」で、オランダ語の「saffraan」と同源。
日本には江戸中期に渡来し、薬用植物として栽培された。

【関連語】

アイリス アヤメ・菖蒲(あやめ) イキシア
一八・鳶尾(いちはつ) ウコン・鬱金(うこん) カキツバタ・杜若・燕子花
黄色(きいろ) キショウブ・黄菖蒲(きしょうぶ) キペラ
草(くさ) 薬(くすり) グラジオラス
クロッカス サフランモドキ・サフラン擬き シャガ・射干・著莪(しゃが)
ショウブ・菖蒲(しょうぶ) スパイス ターメリック
ダッチアイリス チグリジア ドイツアヤメ・ドイツ菖蒲(あやめ)
ニワゼキショウ・庭石菖 ネジアヤメ・捩菖蒲(ねじあやめ) ノハナショウブ・野花菖蒲
花・華(はな) ハナショウブ・花菖蒲 バビアナ
ヒオウギ・檜扇(植物) ヒメアヤメ・姫菖蒲(ひめあやめ) ヒメシャガ・姫射干(ひめしゃが)
フリージア モントブレチア ユリ・百合(ゆり)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス