サボる

【意味】 サボるとは、なまける。おこたる。ずる休みをする。

【サボるの語源・由来】

サボるは、フランス語の「sabotage(サボタージュ)」を略した「サボ」の動詞化。
サボタージュとは、故意に仕事を停滞させたり、過失に見せかけ機械を破損するなど、経営者に損害を与えて解決を促す労働争議の戦術のひとつ。
サボタージュは、フランスの労働者が木靴「sabot(サボ)」を使い、機械を破損したことが語源である。

【関連語】

あなた任せ(あなたまかせ) 油を売る(あぶらをうる) エスケープ
怠る(おこたる) 遅い(おそい) 隠れる(かくれる)
駆け落ち(かけおち) 頑張る(がんばる) 木・樹(き)
消える(きえる) ぐうたら 愚図(ぐず)
靴・沓・履(くつ) 晦ます・暗ます(くらます) 消す(けす)
避ける(さける) 匙を投げる(さじをなげる) 仕事(しごと)
出奔(しゅっぽん) すっぽかす ずらかる
狡い(ずるい) 脛を齧る(すねをかじる) 箍が緩む(たががゆるむ)
高飛び(たかとび) だらける・だらだら 他力本願(たりきほんがん)
逐電(ちくでん) ドタキャン どら息子(どらむすこ)
とろい ドロンする どろんを決める
とんずら 怠ける(なまける) ニート
逃げる(にげる) 逃れる(のがれる) 鈍間(のろま)
暢気・呑気(のんき) ばっくれる ハッスル
半ドン(はんどん) ふける 踏ん張る(ふんばる)
這う這うの体(ほうほうのてい) 亡命(ぼうめい) 免れる(まぬがれる)
休む(やすむ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス