サバ

【意味】 サバとは、スズキ目サバ科のうち、サバ類の海水魚の総称。一般に日本近海ではマサバとゴマサバの二種をさす。背部は青緑色で流紋がある。

【サバの語源・由来】

歯が小さいことから、「小歯(さば)」や「狭歯(さば)」の意味、「セバキ(狭)」の略転などの説が有力とされている。
多数で群れをなすことから、多いことを意味する古語「サハ」が濁音化したとする説もあり、意味も濁音化も十分に考えられるため捨てがたい。
他には、盂蘭盆で蓮の葉で包む魚であり葉をくさくさすることから、「サ」は「クサシ」の上下略、「ハ」は「葉」といった説があるが考慮しがたい。

【関連語】

青(あお) 海(うみ) お盆(おぼん)
カツオ・鰹(かつお) キハダ・黄肌(きはだ) コシナガ・腰長(こしなが)
魚(さかな) 鯖を読む(さばをよむ) サワラ・鰆(さわら)
シビ・鮪(しび) スズキ・鱸(すずき) スマ・須万(すま)
背・背中(せ・せなか) 狭い(せまい) タチウオ・太刀魚(たちうお)
小さい(ちいさい) 葉(は) 歯(は)
ハス・蓮(はす) バッテラ ビンナガ・鬢長(びんなが)
マグロ・鮪(まぐろ) 緑(みどり) 群れ(むれ)
メジマグロ・めじ鮪(めじまぐろ) メバチ・眼撥(めばち)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス