坩堝

【意味】 坩堝とは、物質を溶解・灼熱するための耐火性容器。興奮・熱狂した状態。種々のものが入り混じった状態。

【坩堝の語源・由来】

坩堝は「いるつぼ(鋳る壺)」の約、もしくは「ろつぼ(炉壺)」が転じた語と考えられる。
「興奮のるつぼと化す」など熱気に溢れた状態を表す「るつぼ」は、坩堝の中が灼熱の状態にあることから比喩的に用いられるようになった。
「人種のるつぼ」など種々のものが混ざっている状態を表す「るつぼ」は、坩堝が金属を溶融混合することにたとえたもので、イギリスの作家イズレイル・ザングウィルが「坩堝」を意味する「melting pot(メルティングポット)」を戯曲名にし、多民族が混在したアメリカ社会を「人種の坩堝」と形容したことから広く用いられるようになった。
ただし、るつぼでは「溶け合う」といった同化の意味が含まれてしまうため、種々のものが混ざっていても個々に味があるということで、近年は「salad bowl(サラダボウル)」と表現されることが多くなった。

【関連語】

集まる(あつまる) 熱り立つ(いきりたつ) 一緒くた(いっしょくた)
鋳る(いる) 烏合の衆(うごうのしゅう) 有象無象(うぞうむぞう)
エキサイト カオス 釜・窯(かま)
竈(かまど) 雁首をそろえる ごった返す(ごったがえす)
サラダ しっちゃかめっちゃか シャーレ
壷・壺(つぼ) 溶ける・解ける・融ける(とける) どさくさ
熱(ねつ) 逆上せる(のぼせる) バイタリティー
パッション ビーカー 悲喜交々(ひきこもごも)
ピペット フィーバー フラスコ
プレパラート ボウル 混ぜる・交ぜる・雑ぜる(まぜる)
斑(まだら) 区々(まちまち) 乱れる(みだれる)
夢中(むちゅう) 群れ(むれ) 目白押し(めじろおし)
やっさもっさ 寄る(よる) 狼藉(ろうぜき)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス