浪人

【意味】 浪人とは、入学や入社の試験に不合格となり、次の試験に備えている人。また、その状態。

【浪人の語源・由来】

本来の漢語では、本籍を離れ住みかを定めずさまよい歩く人、流浪人をいった。
律令国家においては、租税の負担から逃れるため、本籍地から逃亡する者のことであった。
中世以降は、主家から去ったり失うなどして仕官ができずにいる武士をいい、この意味においては「牢人」とも書く。
近世には、武士以外の者が職を失うことやその失業者も「浪人」というようになった。 現代では、近世以降の意味から派生し、主に入学試験に失敗した学生を「浪人」と呼び、就職に失敗して次に備えている者は「就職浪人」などと言う。

【関連語】

居候(いそうろう) 学生(がくせい) 仮面浪人(かめんろうにん)
カンニング ぐうたら 現役(げんえき)
乞食(こじき) ごろつき 彷徨う・さ迷う(さまよう)
侍(さむらい) 仕事(しごと) ジプシー
住みか・棲みか(すみか) 税金(ぜいきん) 生徒(せいと)
テスト トラバーユ どら息子(どらむすこ)
ニート パラサイト 武士(ぶし)
フリーター 浮浪(ふろう) 勉強(べんきょう)
放浪(ほうろう) ボヘミアン 落第(らくだい)
リクルート リストラ 流浪(るろう)
ルンペン

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス