壟断

【意味】 壟断とは、利益や権利を独占すること。

【壟断の語源・由来】

壟断の「壟」は小高い丘のことで、壟断は丘の高く切り立ったところ(崖)の意味。
壟断が利益や権利を独り占めする意味となったのは、欲深い男が丘に登って市場を見渡し、商売をするのに都合のよい場所や相手をみつけて利益を独占したという、『孟子(公孫丑下)』の故事に由来する。
この言葉から、中国では独占禁止法を「反壟断法」という。

【関連語】

阿漕(あこぎ) 浅ましい(あさましい) 意地汚い(いじきたない)
卑しい・賎しい(いやしい) エゴイスト 横領(おうりょう)
丘・岡・陸(おか) お手盛り(おてもり) 崖(がけ)
我田引水(がでんいんすい) がめつい 我利我利亡者(がりがりもうじゃ)
カルテル 勘定高い(かんじょうだかい) ケチ
コンツェルン しみったれ 占める(しめる)
守銭奴(しゅせんど) 吝い(しわい) シンジケート
せこい テリトリー トラスト
貪婪(どんらん) 縄張り(なわばり) ぼったくり
ぼる 専ら(もっぱら) モノポリー
利益(りえき) 吝嗇(りんしょく)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス