ろくでなし

【意味】 ろくでなしとは、なんの役にも立たない者。ろくでもない人。

【ろくでなしの語源・由来】

ろくでなしの「ろく」は、一般的に「碌」と書かれるが、これは当て字である。
元々は「陸(呉音でロク)」と書き、日本で「陸(ロク)」は、土地が平らなことから物や性格がまっすぐなさまを意味していた。
その否定として「陸でなし」となり、性格が曲がった人という意味が転じて、現在使われている「ろくでなし」の意味となった。

【関連語】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス