路地(ろじ) - 語源由来辞典

路地

【意味】 路地とは、建物の間の狭い通路。

【路地の語源・由来】

路地は、本来「露地」と表記する。
「露」は「あらわ」、「地」は「地面」の意味で、屋根などの覆いがなく、むき出しの土地のこと。
草庵式の茶室に付属した庭や、門内・庭内の庭も「露地(路地)」という。

【関連語】

アーケード 間(あいだ) アスファルト
アベニュー 露・顕(あらわ) 家(いえ)
お茶(おちゃ) ストリート 雪隠(せっちん)
狭い(せまい) 蹲・蹲踞(つくばい) 葛折り・九十九折り(つづらおり)
丁字路(ていじろ) トンネル 庭(にわ)
花道(はなみち) プロムナード 道(みち)
目抜き通り(めぬきどおり) 屋根(やね) ルート
ロータリー ロード

【関連リンク】

「路地」「路地裏」「裏路地」「横丁」の違い

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス