ロースト

【意味】 ローストとは、肉などをあぶり焼きにしたり、蒸し焼きにしたりすること。また、その料理。

【ローストの語源・由来】

英語「roast」からの外来語。
「あぶり焼き」を意味するゲルマン祖語の「raustjan」が、12世紀にゲルマン系のフランク語「rostir(ロスティール)」となり、13世紀に英語に入り「roast」となった。
一般的に「ローストチキン」や「ローストビーフ」など肉料理に用い、「あぶり焼き」や「蒸し焼き」を意味するが、「ローストナッツ」のように「豆類を炒る」意味でも用いられる。

【関連語】

アーモンド 油・脂・膏(あぶら) 炙る・焙る(あぶる)
炒める(いためる) 炒る(いる) オーブン
ガス・瓦斯(がす) カツ 蒲焼(かばやき)
グリル コーヒー・珈琲(こーひー) コンロ・焜炉(こんろ)
シシカバブ 七輪・七厘 ジンギスカン
ステーキ スペアリブ ソテー
ターキー チキン ナッツ
肉(にく) 煮る(にる) バーナー
バーベキュー 火(ひ) ビーフ
ビフテキ フライパン プルコギ
ブロイラー ポーク マメ・豆(まめ)
蒸す(むす) 焼く(やく) 茹でる(ゆでる)
料理(りょうり) レンジ ロース

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス