【意味】 竜とは、想像上の動物。体は大きな蛇に似て、全身鱗で覆われ、4本の足、2本の角と耳があり、長い口ひげをもつ。たつ。

【竜の語源・由来】

竜を「りゅう」というのは呉音・慣用音で、漢音では「りょう」という。
漢字の「竜」「龍」はともに、頭に冠をかぶり胴をくねらせた大蛇の形を描いたもの。
旧字体は「龍」であるが、使用は「竜」の方が古く、「竜」にいろいろな模様を添えた字が「龍」である。
竜は、中国では鳳(ほう)・亀(き)・麟(りん)とともに、四霊として尊ばれた。
平常は海や湖・沼や池などの水中にすみ、時に空に昇って雲を起こし、雷雨をもたらすとされた。
日本でも、深海にある想像上の宮殿を「竜宮(龍宮)」というように、竜は水との関係が深い。
これは、竜が蛇と同一のものとされていたため、日本の代表的な水神である蛇と結びけられたものである。
竜の起源は、寒冷で絶滅したワニが伝説化したものであると、ワニ学者の青木良輔氏は主張している。
「竜に九似あり」というように、竜の姿は、角が鹿、頭がラクダ、目が鬼もしくはウサギ、首が蛇、腹は蜃(巨大なハマグリ)、鱗は鯉、爪はタカ、掌は虎、耳は牛に似るといわれる。

【関連語】

足・脚・肢(あし) 頭(あたま) 雨(あめ)
雷(いかずち) 池(いけ) 一角獣(いっかくじゅう)
ウーロン茶・烏龍茶 ウサギ・兎(うさぎ) ウシ・牛(うし)
海(うみ) 鱗(うろこ) 雲蒸竜変(うんじょうりょうへん)
雲竜井蛙(うんりゅうせいあ) ウンリュウヤナギ・雲竜柳 干支(えと)
鬼(おに) 大蛇(おろち) カッパ・河童(かっぱ)
神(かみ) カミナリ・雷(かみなり) カメ・亀(かめ)
体(からだ) 画竜点睛を欠く 冠(かんむり)
恐竜(きょうりゅう) キリン・麒麟(きりん) ギンリョウソウ・銀竜草
雲(くも) 雲は竜に従い風は虎に従う 倶利迦羅紋紋(くりからもんもん)
ゲンゴロウ・源五郎・竜蝨 コイ・鯉(こい) 虎口を逃れて竜穴に入る
コモドドラゴン シカ・鹿(しか) 獅子(しし)
シャコ・蝦蛄・青竜蝦(しゃこ) ショウジョウ・猩猩(しょうじょう) 背・背中(せ・せなか)
空(そら) タカ・鷹(たか) 竜・龍(たつ)
辰・辰年(たつ・たつどし) 竜田揚げ(たつたあげ) タツノオトシゴ・竜の落とし子
タツノヒゲ・竜の鬚(たつのひげ) 竜の馬(たつのま) 竜巻(たつまき)
掌(たなごころ) 寵児(ちょうじ) ツチノコ・槌の子(つちのこ)
角(つの) 爪(つめ) 手のひら(てのひら)
天狗(てんぐ) 登竜門(とうりゅうもん) トカゲ・蜥蜴・石竜子(とかげ)
トラ・虎(とら) ドラゴン ナーガ
ナーガラージャ 沼(ぬま) ネッシー
バク・貘・獏(ばく) ハッシー ハマグリ・蛤(はまぐり)
腹(はら) バンパイア 髭・鬚・髯(ひげ)
飛兎竜文(ひとりゅうぶん) ヒュドラー 飛竜雲に乗る(ひりょうくもにのる)
飛竜頭(ひりょうず) 飛竜天に在り(ひりょうてんにあり) 伏竜鳳雛(ふくりょうほうすう)
ヘビ・蛇(へび) 鳳凰(ほうおう) 水(みず)
湖(みずうみ) 耳(みみ) 目・眼(め)
モグラ・土竜(もぐら) モンスター 八岐大蛇(やまたのおろち)
ユニコーン ラクダ・駱駝(らくだ) 竜吟虎嘯(りゅうぎんこしょう)
リュウケツジュ・竜血樹 竜虎相搏つ(りゅうこあいうつ) 竜集(りゅうしゅう)
竜驤虎視(りゅうじょうこし) 竜攘虎搏(りゅうじょうこはく) 竜章鳳姿(りゅうしょうほうし)
竜頭(りゅうず) リュウゼツサイ・竜舌菜 リュウゼツラン・竜舌蘭
竜跳虎臥(りゅうちょうこが) 竜蹄(りゅうてい・りょうてい) 竜笛(りゅうてき)
リュウテン・龍天(りゅうてん) 竜灯(りゅうとう) 竜頭鷁首(りゅうとうげきしゅ)
竜騰虎闘(りゅうとうことう) 竜頭蛇尾(りゅうとうだび) 竜の雲を得る如し
竜は一寸にして昇天の気あり 竜蟠虎踞(りゅうばんこきょ) 竜鬢筵(りゅうびんむしろ)
竜を描きて狗に類す リンドウ・竜胆(りんどう) リンドブルム
麟鳳亀竜(りんぽうきりゅう) ワイバーン ワニ・鰐(わに)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

竜(りゅう)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
龍(りゅう)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
竜・龍のことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語 - 故事ことわざ辞典
「竜」を含む四字熟語一覧 - 平明四字熟語辞典
「龍」を含む四字熟語一覧 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス