リス

【意味】 リスとは、リス科の哺乳類。クリやクルミなどの木の実を食べる。くりねずみ。きねずみ。

【リスの語源・由来】

リスは、漢語「リッス(栗鼠)」の促音「ッ」が脱落し「リス」となった。
漢語「栗鼠」は、栗などの実を食べるネズミに似た動物であることからの名で、「クリネズミ」ある。
「リツ(栗)」は漢音、「ス(鼠)」は唐音と言われるが、「ス」については定かではなく「ショ」の音が日本に入り転じたか、慣用音の「ソ」が転じたと思われる。
リスは、すばしこく木に登ることから「キネズミ(木鼠)」とも呼ばれる。
現在の中国では、リスを「黄鼠」や「松鼠」などと呼んでいる。

【関連語】

イタチ・鼬(いたち) ウサギ・兎(うさぎ) ウッドチャック
エジプトネズミ・エジプト鼠 カヤネズミ・萱鼠(かやねずみ) 木・樹(き)
黄色(きいろ) クマネズミ・熊鼠(くまねずみ) クリ・栗(くり)
クルミ・胡桃(くるみ) ケナガネズミ・毛長鼠 コウモリ・蝙蝠(こうもり)
シチロウネズミ・七郎鼠 シマリス・縞栗鼠(しまりす) ジャコウネズミ・麝香鼠
スカンク スナネズミ・砂鼠 すばしこい・すばしっこい
スンクス タルバガン チンチラ
テン・貂・黄鼬(てん) テンジクネズミ・天竺鼠 トガリネズミ・尖鼠
トゲネズミ・刺鼠 トビネズミ・跳鼠(とびねずみ) ドブネズミ・溝鼠(どぶねずみ)
ドングリ・団栗(どんぐり) ネズミ・鼠(ねずみ) 上る・登る・昇る(のぼる)
ハツカネズミ・二十日鼠 ハムスター ハリネズミ・針鼠(はりねずみ)
ビーバー ヒメネズミ・姫鼠(ひめねずみ) プレーリードッグ
マーモット マウス(鼠) マスクラット
マツ・松(まつ) 実(み) ミンク
ムササビ モグラ・土竜(もぐら) モモンガ
モルモット ヤチネズミ・谷地鼠・野地鼠 ヤマアラシ・山荒・豪猪
ヤマネ・山鼠(やまね) ラット リスザル・栗鼠猿(りすざる)
リスモドキ・栗鼠擬 レミング

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス