立錐の余地もない

【意味】 立錐の余地もないとは、人や物が詰まっていて、少しの隙間もないこと。立錐の地なし。

【立錐の余地もないの語源・由来】

「立錐」は木に穴を空ける道具「錐(きり)」を立てることを意味し、錐が立つだけの余地すらなく、ぎっしり詰まって隙間もないという、狭い土地の喩えである。
出典は中国『史記』の『滑稽伝』で、「いまや秦は六国の子孫を滅ぼして、立錐の地さえないようにした」から広まった。

【関連語】

穴・孔(あな) 烏合の衆(うごうのしゅう) 有象無象(うぞうむぞう)
おしくらまんじゅう 木・樹(き) ぎっしり
錐(きり) ごった返す(ごったがえす) 鮨詰め(すしづめ)
鈴なり(すずなり) 立つ(たつ) 道具(どうぐ)
びっしり 目白押し(めじろおし)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス