りんご

【意味】 りんごとは、バラ科の落葉高木。アジア西部からヨーロッパ東南部が原産。果実はほぼ球形で甘酸っぱく芳香がある。

【りんごの語源・由来】

りんごは、古く中国を経由して渡来し、西欧系のリンゴの普及以前に日本でも栽培されていた。
林檎は中国語で、「檎」は本来「家禽」の「禽」で「鳥」を意味し、果実が甘いので林に鳥がたくさん集まったところから、「林檎」と呼ばれるようになった。
「檎」は、漢音で「キン」呉音で「ゴン」と読まれることから、「リンキン」や「リンゴン」などと呼ばれ、それが転じて「リンゴ」となった。
平安中期の「和妙抄(わみょうしょう)」では、「リンゴウ」と読んでいる。
また、中国語で林檎を「苹果(pingguo)」とも呼び、「林檎(リンゴン)」と「苹果(pingguo)」が混ざり、「リンゴ」と呼ばれるようになったとも考えられている。

【関連語】

アーモンド アップル アプリコット
アンズ・杏子・杏(あんず) イチゴ・苺(いちご) イヌザクラ・犬桜(いぬざくら)
ウメ・梅(うめ) 大島桜(おおしまざくら) カイドウ・海棠(かいどう)
カリン・花梨(かりん) 木・樹(き) キイチゴ・木苺(きいちご)
果物(くだもの) サクラ・桜(さくら) サクランボ
サンザシ・山査子(さんざし) シャリンバイ・車輪梅 ストロベリー
スモモ・李(すもも) ソメイヨシノ・染井吉野 デザート
トリ・鳥(とり) ナシ・梨(なし) ナナカマド・七竈(ななかまど)
喉仏(のどぼとけ) バクチノキ・博打の木 ハマナス・浜茄子(はまなす)
バラ・薔薇(ばら) ピーチ 彼岸桜(ひがんさくら)
ビワ・枇杷(びわ) プラム フルーツ
プルーン ヘビイチゴ・蛇苺(へびいちご) ボケ・木瓜(ぼけ)
実(み) 水菓子(みずがし) モモ・桃(もも)
八重桜(やえざくら) ヤマブキ・山吹(やまぶき) ユキヤナギ・雪柳(ゆきやなぎ)
ラズベリー

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス