リンドウ

【意味】 リンドウとは、リンドウ科の多年草。山野に自生。葉は披針形で対生する。笹竜胆(ささりんどう)。りゅうたん。りゅうどう。

【リンドウの語源・由来】

リンドウは漢名「竜胆」の音読みが変化した語。
平安時代には「りむたう」「りんたう」「りんだう」「りうたむ」など表記は一定していないが、実際は「リンダウ」に近い発音だったと考えられている。
漢名は、根の味が竜の胆のように苦いことから名づけられたもので、漢方では干した根を健胃にする。

【関連語】

アケボノソウ・曙草 イヌセンブリ・犬千振 エキザカム
エゾリンドウ・蝦夷竜胆 オノエリンドウ・尾上竜胆 オヤマリンドウ・御山竜胆
オルフィウム 肝・胆(きも) 草(くさ)
薬(くすり) ゲンチアナ コケリンドウ・苔竜胆
シノノメソウ・東雲草 シマセンブリ・島千振 シロウマリンドウ・白馬竜胆
センブリ・千振(せんぶり) 竜・龍(たつ) タテヤマリンドウ・立山竜胆
ツルリンドウ・蔓竜胆 トウヤクリンドウ・当薬竜胆 トルコギキョウ・トルコ桔梗
苦い(にがい) 根(ね) 葉(は)
花・華(はな) ハナイカリ・花碇(はないかり) ハルリンドウ・春竜胆
ヒメセンブリ・姫千振 フデリンドウ・筆竜胆 ヘツカリンドウ・辺塚竜胆
ホソバツルリンドウ・細葉蔓竜胆 ミヤマアケボノソウ・深山曙草 ミヤマリンドウ・深山竜胆
ムシャリンドウ・武佐竜胆 竜・龍(りゅう)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス