梨園

【意味】 梨園とは、演劇界。特に、歌舞伎役者の世界。

【梨園の語源・由来】

唐の玄宗皇帝の故事に由来する。
玄宗皇帝は音楽や舞踏の愛好家で、自ら舞楽を教えていた。
その場所に梨が多く植えられていたことから、音楽や舞踏を学ぶ者を「梨園の弟子」といい、転じて、その世界をさすようになった。
日本では、歌舞伎の成立とともに「梨園」という語が使われたため、演劇の中でも特に、歌舞伎の世界をさすことが多くなった。

【関連語】

浮世(うきよ) 教える(おしえる) 音(おと)
踊り・躍り(おどり) 音楽(おんがく) 角界(かくかい・かっかい)
歌舞伎(かぶき) 花柳界(かりゅうかい) 銀幕(ぎんまく)
芝居(しばい) 社会(しゃかい) 娑婆(しゃば)
塾(じゅく) スクール 世界(せかい)
世間(せけん) タレント 巷(ちまた)
寺子屋(てらこや) ナシ・梨(なし) 学ぶ(まなぶ)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

梨園の意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス