リヤカー

【意味】 リヤカーとは、自転車の後ろに連結したり、人が引いたりして、荷物を運ぶための荷車。ゴムタイヤの二輪車で、鉄パイプの骨組みに底と枠がつけられる。リアカー。

【リヤカーの語源・由来】

リヤカーは日本人が発明したもので、その名も和製英語である。
大正10年頃、バイクのサイドカーが日本に輸入された際、それを鉄パイプで作り自転車にも取り付けられるようにした。
更に、横よりも後ろの方が荷物を沢山運べると考え、それまで主流だった大八車の利点も合わせたものが作られた。
「side(横)」に対して「rear(後ろ)」なので、「リヤカー(rear car)」と名付けられた。

【関連語】

後ろ(うしろ) オートバイ 籠・駕籠(かご)
キャブ 車(くるま) クレーン
ゴム シャトルバス スクーター
大八車(だいはちぐるま) タイヤ 沢山(たくさん)
タクシー 山車(だし) タンクローリー
単車(たんしゃ) 壇尻・楽車(だんじり) ダンプカー
チャリンコ トラクター トラック
トレイン トレーラー トロリーバス
猫車・ネコ車(ねこぐるま) バイク ハイヤー
運ぶ(はこぶ) バス(車) 引く・曳く・退く・牽く・惹く(ひく)
引越し(ひっこし) フォークリフト ブルドーザー
ベロタクシー 畚(もっこ) 横(よこ)
リムジン レッカー

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス