レム睡眠

【意味】 レム睡眠とは、睡眠中の型の一つ。身体は眠った状態だが、脳波は覚醒時と同様の波形をしている状態。

【レム睡眠の語源・由来】

「レム」は「急速眼球運動」を意味する「rapid eye movement」を略した「REM」。
この睡眠状態になると、眠っているのに起きている時のような素早い眼球運動をすることから、「レム睡眠(rapid eye movement sleep)」と名付けられた。
レム睡眠の時は、夢を見ていることが多く、その内容も覚えていることが多いことから、「夢見睡眠(ゆめみすいみん)」とも呼ばれる。

【関連語】

欠伸(あくび) 鼾(いびき) うたた寝(うたたね)
うつらうつら ぐっすり 白河夜船(しらかわよふね)
狸寝入り(たぬきねいり) 泥のように眠る 眠りこける(ねむりこける)
眠る(ねむる) 寝る(ねる) 膝枕(ひざまくら)
布団(ふとん) ベッド ぼんやり
枕(まくら) 微睡む(まどろむ) 目・眼(め)
夢(ゆめ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス