レタス

【意味】 レタスとは、キク科アキノノゲシ属の一年生または二年生の葉菜。チシャの英語名。日本では一般に、キャベツのように結球するタマヂシャをさす。

【レタスの語源・由来】

レタスは、「乳液」を意味するラテン語「lac」「lact-」から出た語。
レタスを切ると白い乳状の液が出るため、ラテン語で「lactuca」と呼ばれた。
それがフランス語に入って「laitue」、複数形で「laitues」となり、14世紀に英語で「lettuce」となった。
キク科アキノノゲシ属の属名「Lactuca(ラクトゥカ)」も「乳液」の意味からで、分類学者のリンネによって命名された名である。
レタスを切ると出る白い乳状の液は、「ラクチュコピクリン」「レタスオピウム」「レタス阿片」「ラクトカリウム」などと呼ばれるポリフェノールの一種で、かつては鎮静剤として用いられた。
古代ギリシャ・ローマでは、レタスが安眠をもたらす野菜として紀元前から食べられていたといわれるが、玉レタスが広まったものは16世紀頃からなので、当時のレタスは結球しないタイプのものと考えられている。

【関連語】

アーティチョーク アキザクラ・秋桜(あきざくら) アゲラタム
アサギリソウ・朝霧草 アザミ・薊(あざみ) アヘン・阿片・鴉片(あへん)
アルニカ ウサギギク・兎菊 ウスユキソウ・薄雪草
エーデルワイス 液(えき) エストラゴン
エゾギク・蝦夷菊(えぞぎく) エンダイブ オオハルシャギク・大春車菊
オグルマ・小車(おぐるま) オケラ・朮(おけら) ガーベラ
ガザニア カシワバハグマ・柏葉羽熊 カセンソウ・歌仙草
カニコウモリ・蟹蝙蝠 カミツレ カモミール
カレンジュラ ガンクビソウ・雁首草 キオン・黄苑(きおん)
キク・菊(きく) キクイモ・菊芋(きくいも) キツネアザミ・狐薊
キャベツ キンケイギク・錦鶏菊 キンセンカ・金盞花
ぐっすり クマノギク・熊野菊 クリサンセマム
コウゾリナ・髪剃菜 コウヤボウキ・高野箒 ゴギョウ・御形・五形
コスモス ゴボウ・牛蒡(ごぼう) サラダ
サラダ菜(さらだな) シオギク・塩菊(しおぎく) シオン・紫苑(しおん)
シソウ・刺草(しそう) シネラリア シャスタデージー
シュウブンソウ・秋分草 シュンギク・春菊 ジョチュウギク・除虫菊
白(しろ) スイゼンジナ・水前寺菜 スイラン・水蘭(すいらん)
ステビア ストケシア セネシオ
セントウレア タビラコ・田平子(たびらこ) 玉・球・弾・珠(たま)
タラゴン ダリア タンポポ・蒲公英(たんぽぽ)
チコリー チシャ・萵苣(ちしゃ) 乳(ちち)
チチコグサ・父子草 ツワブキ・石蕗(つわぶき) ディモルフォセカ
デージー テンニンギク・天人菊 トウヒレン・唐飛廉
トキンソウ・吐金草 トレビス ニガナ・苦菜(にがな)
ハハコグサ・母子草 ハルシャギク・波斯菊・春車菊 ハルジョオン・春女苑
ヒナギク・雛菊(ひなぎく) ヒマワリ・向日葵(ひまわり) ヒメジョオン・姫女苑
ヒャクニチソウ・百日草 フキ・蕗・苳・款冬・菜蕗(ふき) フジバカマ・藤袴(ふじばかま)
ブタクサ・豚草(ぶたくさ) ベニジウム ベニバナ・紅花(べにばな)
ヘリクリサム ホトケノザ・仏の座(キク科) ポリフェノール
マーガレット マリーゴールド ミルク
モチグサ・餅草(もちぐさ) ヤーコン ヤグルマギク・矢車菊
ヨメナ・嫁菜(よめな) ヨモギ・蓬・艾(よもぎ) ルドベキア

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス