レモン

【意味】 レモンとは、ミカン科の常緑低木。また、その果実。インド原産。果実は長卵形で両端がとがり、黄色に熟す。酸味が強く、クエン酸・ビタミンCを含む。

【レモンの語源・由来】

レモンは、英語「lemon」からの外来語。
元は、ヒンドゥー語「limbu」で、それがアラビア語に入って「laimun」「limun」と呼ぶようになり、ラテン語で「limo」となった。
更に、フランス語やスペイン語に入って「limon」となり、英語に移って「lemon」となった。
これらは全て「レモン」を表す言葉で、何故こう呼ばれるようになったか不明である。
なお、フランス語の「limon」は、14世紀から「citron(シトロン)」が「レモン」を表すようになったため、現在は使われていない。
レモンの漢字は中国語「檸檬(ネイモウ)」からの借用で、英語「lemon」の音訳である。
また、紅茶にレモンの薄い輪切りを浮かべる「レモンティー」は和製英語。
イギリスではこのような飲み方自体されないが、もし英訳するならば「tea with lemon」が正しい。

【関連語】

アロマテラピー イヨカン・伊予柑(いよかん) 温州蜜柑(うんしゅうみかん)
オレンジ カボス・香母酢(かぼす) 木・樹(き)
黄色(きいろ) キンカン・金柑(きんかん) クエン酸(くえんさん)
果物(くだもの) クネンボ・九年母(くねんぼ) グレープフルーツ
サイダー ザボン・朱欒(ざぼん) サンショウ・山椒(さんしょう)
シトロン スダチ・酢橘(すだち) 酸っぱい(すっぱい)
ダイダイ・橙(だいだい) タチバナ・橘(たちばな) タンゼリン
tea・ティー デコポン 夏蜜柑(なつみかん)
ネーブル ハッサク・八朔(はっさく) ビタミン
ブンタン・文旦(ぶんたん) ベルガモット ポンカン・椪柑(ぽんかん)
ポン酢(ぽんず) マンダリン 実(み)
ミカン・蜜柑(みかん) ユズ・柚子(ゆず) ライム
ラムネ レモネード レモングラス
レモンスカッシュ レモンバーベナ レモンバーム

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス