ライス

【意味】 ライスとは、米。米の飯。ご飯。

【ライスの語源・由来】

ライスは英語「rice」からの外来語で、その語源はイネの学名「Oryza」と関連している。
米はギリシャ語で「oruza」、ラテン語で「oryza」と言い、イネの学名「Oryza」はこのラテン語からである。
ラテン語の「oryza」は、イタリア語「riso」になり、「リゾット(risotto)」の語源ともなった。
イタリア語の「riso」が古フランス語に入って「ris」になり、英語に入って「rys」「ryce」と変化し、「rice(ライス)」となった。
現在のフランス語の「riz」はラテン語から、ドイツ語で「Reis」はギリシャ語からである。
ライスの語源であるギリシャ語の「oruza」は、古いペルシャ語に由来すると考えられているが、さらに遡るとサンスクリット語「vrihi」に由来し、インド起源とも考えられている。
「うるち(粳)」の語源説のひとつに、サンスクリット語「vrihi」に由来する説もあり、粘り気の少ない米を表す日本語の「うるち」と、米を表す英語の「ライス」が同源という可能性もある。

【関連語】

アランチーニ アワ・粟(あわ) イネ・稲(いね)
粳(うるち) オートミール オオムギ・大麦(おおむぎ)
お粥(おかゆ) おこわ おじや
おにぎり お櫃(おひつ) おむすび
オムライス かやくご飯(かやくごはん) カラス麦・烏麦(からすむぎ)
カレー キビ・黍・稷(きび) きりたんぽ
クッパ コーン 御飯(ごはん)
コムギ・小麦(こむぎ) 米(こめ) サムゲタン
ジャー 杓文字(しゃもじ) シャリ・舎利(しゃり)
ジャンバラヤ 新米(しんまい) 寿司・鮨・鮓(すし)
雑炊(ぞうすい) 炊く・焚く(たく) 粽(ちまき)
チャーハン・炒飯 茶碗(ちゃわん) トウモロコシ・玉蜀黍
ドリア 丼(どんぶり) 七草粥(ななくさがゆ)
糠(ぬか) パエリア ハヤシライス
パン ビーフストロガノフ ヒエ・稗(ひえ)
ビビンバ ピラフ ムギ・麦(むぎ)
飯(めし) 餅(もち) モロコシ・蜀黍・唐黍(もろこし)
ライ麦(らいむぎ) リゾット 料理(りょうり)
ロコモコ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス