ラリる

【意味】 ラリるとは、薬物などの影響で、舌が回らなくなったり、ふらふらする状態。

【ラリるの語源・由来】

ラリるの「ラリ」の語源は、以下の通り諸説あり、3の説が有力とされる。
1.睡眠薬を飲むと、ろれつが回らなくなり、「らりるれろ」のラ行しか発音できなくなるためとする説。
2.馬鹿者を意味する「らり」を動詞化したとする説。
3.めちゃめちゃになることを意味する「乱離骨灰(らりこっぱい)」の略「乱離(らり)」を動詞化したとする説。
ラリるは、眠剤ブームの1960年代頃から多く用いられるようになった言葉なので、「らりるれろ」の説が有力とも言われる。
しかし、「乱離骨灰」を略した「乱離」、また「乱離にする」といった表現は江戸時代から使われており、「馬鹿になる」の意味で「乱離になる」と用いた例も多く見られるため、ラリるの語源は2の説を含み、「乱離骨灰」で間違いないであろう。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス