ラッパ

【意味】 ラッパとは、金管楽器の総称。特に、弁の無い単純な構造のトランペット。

【ラッパの語源・由来】

オランダ語の「roeper」から、中国語の「喇叭」から、サンスクリット語で「叫ぶ」を意味する「rava」からといった説があるが未詳。
中国語の「喇叭」はサンスクリット語「rava」に由来するともいわれることから、サンスクリット語の「rava」が中国語で「喇叭」となり、日本に入ったと考えられる。
慶応2年(1866年)に幕府軍の歩兵が、フランス人教官から信号ラッパの教習を受けているため、フランス語で「記憶力」のほか「呼び戻す」という意味もある「rappelle」を語源とする説もあるが、それ以前から見られる語なのでフランス語説は考え難い。

【関連語】

オーボエ オカリナ 音(おと)
音楽(おんがく) クラリネット コルネット
コントラファゴット サイレン サクスホルン
サックス 尺八(しゃくはち) 笙(しょう)
簫(しょう) スーザフォン チャルメラ
チューバ トランペット トロンボーン
ハーモニカ バスーン ピッコロ
ファゴット 笛(ふえ) フルート
ブロックフレーテ ホイッスル ホルン
ラッパズイセン・喇叭水仙 ラッパムシ・喇叭虫(らっぱむし) リコーダー

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス