ランドセル

【意味】 ランドセルとは、小学生が背中に背負うカバン。

【ランドセルの語源・由来】

ランドセルは、背負いカバンを意味するオランダ語「ransel(ランセル)」が転訛した語。
幕末時代に兵士の「背嚢(はいのう)」として輸入された、布製のリュックサックのようなものであった。
ランドセルが通学用カバンとなった由来は、明治18年(1885年)、学習院が馬車や人力車での通学を禁じた際、学用品や弁当などを入れて通学させたことによる。
2年後の明治20年(1887年)、内閣総理大臣であった伊藤博文が、皇太子殿下(大正天皇)の学習院初等科入学を祝し、箱型で革製の頑丈なランドセルを特別に作らせ献上したものが、現在のランドセルの原型で、全国の小学校に普及したのは昭和30年代以降である。
この語が一般に定着する以前は「ランドセイル」とも呼ばれ、「革袋」を「ランドセル」と読ませた例も見られる。

【関連語】

アタッシュケース 鉛筆(えんぴつ) 籠・駕籠(かご)
学生(がくせい) 学ラン(がくらん) カバン・鞄(かばん)
蝦蟇口(がまぐち) 皮・革(かわ) キスリング
教科書(きょうかしょ) 巾着(きんちゃく) 財布(さいふ)
塾(じゅく) スクール 頭陀袋(ずだぶくろ)
セカンドバッグ 背・背中(せ・せなか) 先生(せんせい)
デイパック 寺子屋(てらこや) トートバッグ
トランク ナップサック 布(ぬの)
バックパック 箱(はこ) 袱紗・帛紗・服紗(ふくさ)
袋(ふくろ) ブリーフケース ブルマー
風呂敷(ふろしき) 弁当(べんとう) ポーチ(小物入れ)
ポシェット ボストンバッグ ポチ袋(ぽちぶくろ)
リュックサック

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス