落書き

【意味】 落書きとは、本来書くべきでない所に、絵や文字などをいたずら書きすること。また、その書いたもの。

【落書きの語源・由来】

落書きは、和製漢語「落書(らくしょ)」を重箱読み(上の字を音で読み、下の字を訓で読むこと)したものである。
「落書(らくしょ)」は中世から近世にかけて、政治・社会や人物(権力者)などに対し、批判や社会風刺を述べた匿名の文書のことで、人目につきやすい場所に落として人に拾わせたため、この名がついた。
このような文書は「落とし文(おとしぶみ)」とも言われたが、漢語形「落書」の方が古くから見られる。
相手の家の壁や塀にも貼り付けられたことから、現在の「落書き」の意味に転じた。

【関連語】

アート 相合傘(あいあいがさ) アルファベット
家(いえ) 悪戯(いたずら) イラスト
インキ・インク 絵・画(え) 鉛筆(えんぴつ)
落ちる(おちる) 顔(かお) 書く・描く・画く(かく)
壁(かべ) キャンバス グラフィック
クレパス クレヨン クロッキー
コンテ シャープペンシル スケッチ
炭・墨(すみ) 政治(せいじ) 川柳(せんりゅう)
チョーク 手紙(てがみ) デザイン
デッサン テンペラ トイレ
パステル フェルトペン 筆(ふで)
文・書(ふみ) 塀(へい) ペイント
ペンキ 便所(べんじょ) ペンシル
ボールペン マジックインキ 万年筆(まんねんひつ)
文字(もじ)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

落書き(らくがき)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス