ライラック

【意味】 ライラックとは、モクセイ科の落葉低木または小高木。ヨーロッパ原産。春、枝先に芳香を放つ花を咲かせる。ムラサキハシドイ。

【ライラックの語源・由来】

ライラックは、英語「lilac」からの外来語。
フランス語名を「lilas(リラ)」というが、英語名の「lilac(ライラック)」は「lilas」が変化した語である。
「lilac」「lilas」を遡ると、スペイン語「lilac」、アラビア語「lilak」になり、「青色」を意味するペルシャ語「lilak」にたどり着き、薄紫の花の色が語源と考えられる。
ライラックの花色は、白・赤・青色などあるが、和名を「ムラサキハシドイ」というように、薄紫色が代表種である。

【関連語】

アオダモ 青(あお) 赤(あか)
イタチグサ・鼬草(いたちぐさ) イボタノキ・水蝋樹・疣取木 色(いろ)
ウスギモクセイ・薄黄木犀 枝(えだ) オウバイ・黄梅(おうばい)
オウバイモドキ・黄梅擬 オリーブ 香り・薫り・馨り(かおり)
木・樹(き) キンモクセイ・金木犀 ギンモクセイ・銀木犀
ゲイシュンカ・迎春花 咲く(さく) シオジ・塩路(しおじ)
ジャスミン 白(しろ) ソケイ・素馨(そけい)
トウネズミモチ・唐鼠黐 トネリコ ネズミモチ・鼠黐(ねずみもち)
ハシドイ 花・華(はな) 春(はる)
ヒイラギ・柊(ひいらぎ) ヒイラギモクセイ・柊木犀 ヒトツバタゴ・一つ葉たご
マツリカ・茉莉花(まつりか) ムラサキ・紫(むらさき) モクセイ・木犀(もくせい)
ヤチダモ・谷地だも レンギョウ・連翹(れんぎょう)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス