ラピスラズリ

【意味】 ラピスラズリとは、青金石を多く含む鉱物。12月の誕生石。瑠璃(るり)。ラズライト。

【ラピスラズリの語源・由来】

ラピスラズリの「ラピス(lapis)」は、ラテン語で「石」を意味する「lapis」。
ラピスラズリの「ラズリ(lazuli)」は、ペルシャ語で「青」や「空」を意味する「lazward」に由来する。
古くは青金石(ラズライト)のことを指したが、現在は主成分となる青金石を多く含むものを指し、特に宝石にするものを「ラピスラズリ」と呼ぶ。

【関連語】

青(あお) アクアマリン アメジスト
アレキサンドライト 石(いし) エメラルド
オニキス オパール ガーネット
カーネリアン カラット キャッツアイ
金(きん) 銀(ぎん) クオーツ
クリスタル コーラル ゴールド
琥珀(こはく) サードオニキス サファイア
サンゴ・珊瑚(さんご) ジェイド シトリン
ジュエリー ジルコニア シルバー
真珠(しんじゅ) ストーン スピネル
空(そら) ターコイズ ダイヤモンド
タンザナイト 銅(どう) トパーズ
トルコ石(いし) トルマリン パール
翡翠(ひすい) プラチナ ブラッドストーン
ペリドット ムーンストーン 瑪瑙(めのう)
ラズライト ルビー 瑠璃(るり)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス