おざなり

【意味】 おざなりとは、いい加減に物事を済ませること(さま)。その場限りの間に合わせ。

【おざなりの語源・由来】

「お(御)」は接頭語、「ざ(座)」は座敷、「なり(形)」は形状を表す語である。
江戸時代には、「ざなり(座成)」や「ざしきなり(座敷成)」と用いられていた。
「ざなり」や「ざしきなり」は、座敷(宴会の席)でその場だけの取り繕った言動をするさまを表した。
おざなりは、「ざなり」に敬語の「お」が付いたものだが、敬語の「お」を用いることで皮肉を表現した反転用法で、敬意を表すものではない。

【関連語】

当てずっぽう(あてずっぽう) アドリブ いい加減(いいかげん)
行き当たりばったり 一夜漬け(いちやづけ) インスタント
宴(うたげ) 内股膏薬(うちまたこうやく) 上っ調子(うわっちょうし)
大雑把(おおざっぱ) 疎か(おろそか) がさつ
仮初(かりそめ) 苦肉の策(くにくのさく) 姑息(こそく)
糊塗(こと) 座敷(ざしき) 自転車操業(じてんしゃそうぎょう)
杜撰(ずさん) ずぼら 即座(そくざ)
即席(そくせき) 粗相(そそう) ぞんざい
太鼓持ち(たいこもち) だだくさ だらしない
ちゃらんぽらん 提灯持ち(ちょうちんもち) 付け焼刃(つけやきば)
適当(てきとう) 出たとこ勝負(でたとこしょうぶ) 出任せ(でまかせ)
泥縄(どろなわ) 蔑ろ(ないがしろ) 等閑(なおざり)
投げ遣り(なげやり) 憖っか(なまじっか) 生半可(なまはんか)
俄(にわか) 弥縫(びほう) 日和見(ひよりみ)
ふしだら 不束(ふつつか) 洞ヶ峠(ほらがとうげ)
無造作(むぞうさ) 忽せ(ゆるがせ)

【関連リンク】

「おざなり」と「なおざり」の違い
御座なり/お座成り(おざなり)の意味・類語・同音異義語

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス