【意味】 親とは、子を生んだもの。または、子として養う者。父と母の総称。

【親の語源・由来】

親は「子(こ)」「小(こ)」に対し、「老(おゆ)」「大(おお)」と関連付ける説が有力とされているが、正確な語源は未詳。
古くは、父・母に限らず、祖父母・曾祖父母など祖先の総称として、「おや」という語は用いられていた。
「親」の漢字の由来は、木の上に立って子供の帰りを見ている様子を表したものではなく、親の左側は「薪(しん)」の原字で、木をナイフで切ったなま木を表したもの。
それに「見」を加えた「親」の漢字は、ナイフで身を切るように身近に接して見ていることで、じかに刺激を受けるような非常に近い間柄を意味している。

【関連語】

頭(あたま) 主(あるじ) 一枚看板(いちまいかんばん)
いろは 大御所(おおごしょ) 大立者(おおだてもの)
お母さん(おかあさん) 長(おさ) お父さん(おとうさん)
お袋(おふくろ) 親方(おやかた) 親父(おやじ)
親玉(おやだま) 親分(おやぶん) 顔役(かおやく)
頭(かしら) 父(かぞ) 木・樹(き)
牛耳る(ぎゅうじる) 義理(ぎり) 切る・斬る・伐る(きる)
黒幕(くろまく) 子(こ) 爺(じじ)
親しい(したしい) 舅・姑(しゅうと・しゅうとめ) 親切(しんせつ)
大黒柱(だいこくばしら) 大臣(だいじん) 立役者(たてやくしゃ)
知事(ちじ) 父(ちち) 父(ちゃん)
父の日(ちちのひ) 亭主(ていしゅ) 頭取(とうどり)
胴元(どうもと) 頭領(とうりょう) 棟梁(とうりょう)
トリ ドン ナイフ
母(はは) パパ 婆(ばば)
母の日(ははのひ) 父兄(ふけい) ボス
ママ 息子(むすこ) 娘(むすめ)
リーダー 領袖(りょうしゅう)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス