オウレン

【意味】 オウレンとは、キンポウゲ科の常緑多年草。山地の樹陰に自生する。日本特産。黄色く太い根茎は乾燥させ薬用として用いる。

【オウレンの語源・由来】

オウレンは、多数のひげ根が黄色く連なるところから、「黄連」と呼ぶようになった。
漢字では「黄蓮」とも表記するが、元々は中国の別種の草の名で、黄色く太い根茎から、黄色い蓮根(レンコン)と見立てたものである。
「オウレン」の古い和名は、「カクマクサ(加久末久佐)」といった。
「カクマ」は「堅い」に通じる語で「堅い根」を意味し、「クサ」は「草」のことである。

【関連語】

アキカラマツ・秋唐松 アネモネ イチリンソウ・一輪草
ウマノアシガタ・馬の足形 エンコウソウ・猿猴草 オキナグサ・翁草(おきなぐさ)
オダマキ・苧環(おだまき) カザグルマ・風車(かざぐるま) ガショウソウ・鵝掌草
堅い・固い・硬い(かたい) カラマツソウ・唐松草 ガンジツソウ・元日草
黄色(きいろ) キツネノボタン・狐の牡丹 キンバイソウ・金梅草
キンポウゲ・金鳳花 茎(くき) 草(くさ)
クサボタン・草牡丹 薬(くすり) クリスマスローズ
クレマチス クロタネソウ・黒種草 コトブキグサ・寿草
コマノアシガタ・駒の足形 サラシナショウマ・晒菜升麻 シナノキンバイ・信濃金梅
シャクヤク・芍薬(しゃくやく) シュウメイギク・秋明菊 セツブンソウ・節分草
センニンソウ・仙人草 タガラシ・田芥(たがらし) ツイタチソウ・朔日草
連なる(つらなる) テッセン・鉄線(てっせん) デルフィニウム
トリカブト・鳥兜(とりかぶと) ニリンソウ・二輪草(にりんそう) 根(ね)
バイカオウレン・梅花黄蓮 バイカモ・梅花藻(ばいかも) ハクサンイチゲ・白山一華
ハス・蓮(はす) ハナイチゲ・花一華 ハナキンポウゲ・花金鳳花
ハンショウヅル・半鐘蔓 ヒエンソウ・飛燕草 フクジュソウ・福寿草
フクベラ 太い(ふとい) ベニバナオキナグサ・紅花翁草
ボタン・牡丹(ぼたん) ボタンイチゲ・牡丹一華 ボタンヅル・牡丹蔓
ミスミソウ・三角草 ミツバオウレン・三葉黄蓮 ミヤマオダマキ・深山苧環
モミジカラマツ・紅葉唐松 山(やま) ヤマシャクヤク・山芍薬
ラナンキュラス ルイヨウショウマ・類葉升麻 レイジンソウ・伶人草
レンゲショウマ・蓮華升麻 レンコン・蓮根(れんこん)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス