オウバイ

【意味】 オウバイとは、モクセイ科の落葉低木。中国原産。早春、葉より先に黄色の花を開く。観賞用。迎春花。

【オウバイの語源・由来】

オウバイは、漢名「黄梅」の音読み。
黄梅は、花が梅に似ており、色が黄色いことからの名で、花が咲く時期も梅の開花時期に近い。
オウバイが日本に渡来したのは、江戸時代初期。
古くから鉢植えや盆栽など観賞用にされる。

【関連語】

アオダモ イタチグサ・鼬草(いたちぐさ) イボタノキ・水蝋樹・疣取木
ウスギモクセイ・薄黄木犀 ウメ・梅(うめ) オウバイモドキ・黄梅擬
オリーブ 木・樹(き) 黄色(きいろ)
キンモクセイ・金木犀 ギンモクセイ・銀木犀 ゲイシュンカ・迎春花
咲く(さく) シオジ・塩路(しおじ) ジャスミン
ソケイ・素馨(そけい) トウネズミモチ・唐鼠黐 トネリコ
ネズミモチ・鼠黐(ねずみもち) 葉(は) ハシドイ
花・華(はな) 春(はる) ヒイラギ・柊(ひいらぎ)
ヒイラギモクセイ・柊木犀 ヒトツバタゴ・一つ葉たご マツリカ・茉莉花(まつりか)
モクセイ・木犀(もくせい) ヤチダモ・谷地だも ライラック
レンギョウ・連翹(れんぎょう)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス