おちゃのこさいさい

【意味】 おちゃのこさいさいとは、物事がきわめて容易にできるたとえ。

【おちゃのこさいさいの語源・由来】

おちゃのこさいさいの「おちゃのこ(お茶の子)」とはお茶に添えて出される茶菓子のことで、簡単に食べられることから簡単にできる喩えとなった。
また、朝食の前に食べる「茶粥」のことを「お茶の子」と言う地方があり、そこから「朝飯前」の意味になったとする説もある。
「さいさい」は、俗謡の「のんこさいさい」という囃子詞をもじったものである。

【関連語】

朝飯前(あさめしまえ) 呆気ない(あっけない) あっけらかん
一朝一夕(いっちょういっせき) インスタント お粥(おかゆ)
お茶(おちゃ) お囃子(おはやし) 菓子(かし)
河童の屁(かっぱのへ) 簡単(かんたん) 子(こ)
木っ端の火(こっぱのひ) 食べる(たべる) 容易い(たやすい)
バカチョンカメラ 八面六臂(はちめんろっぴ) へっちゃら
優しい・易しい(やさしい) 安い・易い(やすい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス