オットセイ

【意味】 オットセイとは、食肉目アシカ科の海生哺乳類。海岸に近い場所に一夫多妻の集団をつくり繁殖する。

【オットセイの語源・由来】

オットセイはアイヌ語で「onnep(オンネプ・オンネップ)といい、中国で「膃肭(オツドツ)」と音訳された。
中国ではオットセイの陰茎が強精剤として珍重され、陰茎がへそに近い位置にあることから「臍」の字を代用し、薬名を「膃肭臍(オツドツセイ)」といった。
この「膃肭臍」が日本に入り、動物そのもののも「オットセイ」と呼ぶようになった。

【関連語】

アザラシ・海豹(あざらし) アシカ・海驢・葦鹿(あしか) イッカク・一角(いっかく)
イルカ・海豚(いるか) 海(うみ) ウミウソ・海獺(うみうそ)
オタリア カワウソ・獺・川獺(かわうそ) クジラ・鯨(くじら)
薬(くすり) 獣(けもの) サカマタ・逆叉・逆戟
獣・鹿・猪(しし) シャチ・鯱(しゃち) ジュゴン・儒艮(じゅごん)
スナメリ・砂滑(すなめり) セイウチ・海象・海馬 トド・海馬(とど)
ビーバー 臍(へそ) マナティー
ミチ・海驢(みち) ラッコ

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス