【意味】 乙とは、しゃれて気が利いているさま。趣のあるさま。粋なさま。

【乙の語源・由来】

乙は、十干の一つで甲に次いで二番目。
「甲乙つけがたい」の「乙」は、「甲」を第一位としたときの二番目にあたることからいう。
邦楽では、「甲」に対して一段低い音を「乙」といった。
この低い音が通常とは異なる調子であることから、邦楽以外のことについていう際、普通とは違って「変なさまだ」「妙だ」という意味で江戸時代から使われはじめた。
この頃には、マイナスの意味での使用がほとんどであったが、明治時代に入ると、変わっていて「しゃれている」「趣がある」といったプラスの意味で用いられることが多くなった。
一説には、まっすぐな「一」に対して、「乙」は字が曲がっていることからともいわれるが、邦楽の「甲」に対して「乙」の説が有力である。
インターネット掲示板などで見られる「乙」は、「おつかれさま(お疲れ様)」を略した「おつ」を漢字変換して「乙」としただけであり、気が利いている意味からの派生ではない。

【関連語】

垢抜け(あかぬけ) 味わい(あじわい) 粋(いき)
イケてる 鯔背(いなせ) 干支(えと)
お洒落(おしゃれ) お疲れ様(おつかれさま) 乙な味(おつなあじ)
乙に絡む(おつにからむ) 乙に澄ます(おつにすます) 音(おと)
趣(おもむき) キザ 小股の切れ上がった
スマート 伊達(だて) 調子(ちょうし)
ハイカラ 派手(はで) 低い(ひくい)
風流(ふうりゅう) 風情(ふぜい) モダン
野暮(やぼ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス