乙女

【意味】 乙女とは、年の若い女性。未婚の女性。娘。少女。処女。生娘。

【乙女の語源・由来】

乙女の「おと(をと)」は「男」の「おと(をと)」と同じく、「若返る」意味の動詞「をつ(復つ)」と同源で、「め」は「女」の意味である。
「乙女」の漢字は、「を」と「お」が混同されたことによる当て字で、中世以降見られる。
上代では、成年に達した若い女性を「をとめ(乙女)」と言い、その対義語として「をとこ(男)」があった。
『万葉集』には「未通女」「処女」とあり、「未婚の娘」をさすことが多かったと思われる。
現在では単に若いだけではなく、汚れを知らない純真な少女のイメージを伴なって、「乙女」を用いることが多い。

【関連語】

幼気(いたいけ) 妹(いもうと) 初々しい(ういういしい)
初・初心(うぶ) 嫗(おうな) 童男(おぐな)
幼い(おさない) 男(おとこ) おぼこ・おぼこい
女(おんな) ガキ・餓鬼(がき) かまとと
生娘(きむすめ) 汚れる・穢れる(けがれる) 子(こ)
早乙女(さおとめ) 淑やか(しとやか) 純潔・純血(じゅんけつ)
純真(じゅんしん) 純粋(じゅんすい) 処女(しょじょ)
素朴(そぼく) 箱入り娘(はこいりむすめ) ぶりっ子(ぶりっこ)
息子(むすこ) 娘(むすめ) 若い(わかい)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス