おとぎ話

【意味】 おとぎ話とは、大人が子供に聞かせる昔話や伝説。現実離れした架空の話。お伽話。お伽噺。

【おとぎ話の語源・由来】

おとぎ話の「お」は、接頭語の「お(御)」。
おとぎ話の「とぎ(伽)」は、話相手となって退屈を慰めたり機嫌をとったりすることで、側に寄り添う意味の動詞「トグ」から。
現代でこそ、おとぎ話は大人が子供に語って聞かせるものだが、元々は大人に聞かせるもので、貴人の身近に仕えて話をし慰めることを「おとぎ」といい、子供に聞かせる話を意味するようになったのは明治以降のことである。
戦国時代から江戸時代には、将軍や大名の側に仕えて話をする「御伽衆(おとぎしゅう)」という役職もあった。
「おとぎの国」などと言う時の「おとぎ」は、「おとぎ話」を略したものであり、現在の意味になってからの表現なので、話をして慰めるといった意味は含まれていない。

【関連語】

エッセイ お喋り(おしゃべり) 大人(おとな)
語る(かたる) 聞く・聴く(きく) 機嫌(きげん)
脚本(きゃくほん) 国(くに) 子(こ)
言葉(ことば) 諺(ことわざ) コラム
コント シナリオ 芝居(しばい)
小説(しょうせつ) ストーリー 川柳(せんりゅう)
退屈(たいくつ) 台本(だいほん) ドラマ
慰める(なぐさめる) ノベル 話(はなし)
フィクション 文・書(ふみ) ポエム
本(ほん) ミステリー 昔(むかし)
メルヘン 物語(ものがたり) 落語(らくご)
レジェンド ロマン・ロマンス

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス