オッス

【意味】 オッスとは、若い男性同士が道などで出会った時の挨拶語。親しい間柄で用いる。武道家や応援団の掛け声風な挨拶語。おす。

【オッスの語源・由来】

オッスは、戦前、京都にあった武道専門学校の生徒の間から生まれた言葉で、「おはようございます」の略。
「おはようございます」が「おはよーっす」となり、「おわーす」「おす」と変化していった。
その「おす」に、武道の精神である「自我を抑え我慢する」という意味の「押して忍ぶ」が当てられ、漢字では「押忍」と表記されるようになった。
挨拶として用いられる「オッス」は「おはようございます」が略されたものだが、応援団などが掛け声風に用いる「オッス」は、当字「押忍」の意味からと考えられている。
なお、いかりや長介が『8時だョ!全員集合』で客席に向かって言う「オイッスー」は、「オッス」が更に変化した言葉である。

【関連語】

挨拶(あいさつ) 合う・会う・逢う・遭う(あう) あばよ
一期一会(いちごいちえ) 行って来ます(いってきます) いってらっしゃい
いらっしゃい 会釈(えしゃく) お辞儀(おじぎ)
お邪魔します(おじゃまします) 押す・圧す(おす) 男(おとこ)
おはよう おやすみなさい グッドバイ
御機嫌よう(ごきげんよう) ご無沙汰(ごぶさた) コミュニケーション
こんにちは こんばんは さようなら
さらば 忍ぶ(しのぶ) ただいま
バイバイ 番長(ばんちょう) 久しぶり(ひさしぶり)
マナー 道(みち) ようこそ
よろしく 若い(わかい)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

押忍(おす・おっす)の意味 - 日本語俗語辞書

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス