おしめ

【意味】 おしめとは、大小便の汚れを受けるため、股に当てる布や紙。おむつ。

【おしめの語源・由来】

「湿布(しめし)」が略され、接頭語「お」が付けられた語。
漢字では「御湿」と書くが、あまり用いられない。
その他、当て字で「襁褓」とも書かれるが、本来は「むつき」と読み、おしめが「おむつ」と同じ意味であるため用いられる。
ただし、おむつは「大人用おむつ」など、乳幼児に限らない表現をされることが多く、おしめは主に乳幼児に使用するものをさすことが多い。
これは、おしめの「湿る」というニュアンスからか、「おしめ」より「おむつ」の方が「肌着」としての意味合いが強いためと考えられる。

【関連語】

赤ちゃん(あかちゃん) うんこ おしっこ
御虎子(おまる) オムツ・御襁褓(おむつ) ガーゼ
紙(かみ) 厠(かわや) 糞・屎(くそ)
靴下(くつした) 尻・穴(けつ) シーツ
失禁(しっきん) 湿る(しめる) 襦袢(じゅばん)
尻(しり) ステテコ ズボン
雪隠(せっちん) 雑巾(ぞうきん) 粗相(そそう)
タオル 足袋(たび) 手水(ちょうず)
帝王切開(ていおうせっかい) ティッシュ トイレ
ナプキン 布(ぬの) 履く・穿く(はく)
糞・屎(ばば) ハンカチ パンツ
布巾(ふきん) 糞(ふん) 褌(ふんどし)
便所(べんじょ) 股(また) マタニティー
嬰児(みどりご) モップ 股引(ももひき)
もんぺ 羊水(ようすい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス