お節介

【意味】 お節介とは、迷惑になるような余計な世話を焼くこと。御節介。

【お節介の語源・由来】

お節介の「節介」は、「節操を固く守り世俗に同調しないこと」が本来の意味であるが、お節介の意味とかけ離れ過ぎているめ、当て字と考えられる。
お節介の語源は、「切匙・狭匙(せっかい)」とする説がある。
切匙とは、擂鉢などの内側に着いたものを掻き落とす道具のことで、切匙が溝の内に入り込むことから、他人の内に入り込もうとすることを「おせっかい」と言うようになり、間に挟まることを意味する「介」の字を含んだ「節介」が当てられたというものである。
この説が有力とされているが、「せっかい」という音から考えられた説のため、正確な語源とはされていない。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス