おろち

【意味】 おろちとは、きわめて大きな蛇。うわばみ。だいじゃ。

【おろちの語源・由来】

おろちの語源には、恐ろしくて縮むような気持ちになるところから、「おそろち」の略などといった説があるが考え難く、「長い尾の神」といった意味からであろう。
おろちの「お(旧かなは「ヲ」)」は、「尾」の意味。
「峰(ヲ)」や「丘(ヲ)」の意味とする説もあるが、元を辿れば「尾」との混同から生じた説である。
おろちの「ろ」は助詞で、現在使われている助詞の中では「の」に相当する語。
おろちの「ち」は、「いかづち(雷)」や「みずち(水霊)」の「ち」と同じ、霊力や霊的な力をもつものを表す語である。

【関連語】

アオダイショウ・青大将 アナコンダ アマガサヘビ・雨傘蛇
アミメニシキヘビ・網目錦蛇 雷(いかずち) ウミヘビ・海蛇(うみへび)
蟒蛇(うわばみ) 尾(お) 峰・丘(お)
大きい(おおきい) 丘・岡・陸(おか) 恐ろしい(おそろしい)
神(かみ) ガラガラヘビ・がらがら蛇 ガラスヒバア
カラスヘビ・烏蛇(からすへび) キングヘビ・キング蛇 クサリヘビ・鎖蛇(くさりへび)
蛇(くちなわ) 蝮(くちばみ) コブラ
サイドワインダー サトメグリ・里回り(さとめぐり) サンドバイパー
尻尾(しっぽ) シマヘビ・縞蛇(しまへび) ジムグリ・地潜(じむぐり)
シロマダラ・白斑(しろまだら) スネーク 大蛇を見るとも女を見るな
竜・龍(たつ) 縮む(ちぢむ) ドラゴン
長い・永い(ながい) ニシキヘビ・錦蛇(にしきへび) ネズミトリ・鼠取り・鼠捕り
パイソン ハブ・波布・飯匙倩(はぶ) ハミ・蝮(はみ)
ヒバカリ・日計・竹根蛇 ヒャッポダ・百歩蛇 ヘビ・蛇(へび)
ボア(ヘビ) マムシ・蝮(まむし) 水(みず)
峰(みね) メガネヘビ・眼鏡蛇 メクラヘビ・盲蛇(めくらへび)
ヤシキマワリ・屋敷廻り ヤマカガシ・赤楝蛇・山楝蛇 蟒蛇(やまかがち)
八岐大蛇(やまたのおろち) 竜・龍(りゅう)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス