折り紙つき

【意味】 折り紙つきとは、品質などが確実なものと保証されること。世間で定評を得ていること。

【折り紙つきの語源・由来】

折り紙つきの「折り紙」とは、紙を横半分に折った文書のことで、平安末期より公式文書や贈呈品の目録として用いられていた。
やがて、公文書にも使われ、江戸時代には美術品や刀剣などの鑑定書に使われるようになり、確かな品質が保証されている物を「折り紙つき」と言うようになった。
現代では確かな品質の意味から、人の実力など物以外のことでも「折り紙つき」と使われている。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス