大関

【意味】 大関とは、相撲で横綱に次ぐ地位。三役の最上位。

【大関の語源・由来】

大関は、「横綱」の地位ができる明治時代までは、力士の最高位であった。
古く、最上位の力士は「最手(ほて)」と称していたが、室町時代頃から「関(せき)」と呼ばれるようになった。
この「関」は「関門」のことで、関門を越える者がいないためという説が有力とされる。
「関」に最上位の意味で「大」を冠した語が「大関」で、近世に出現した語のようである。

【関連語】

大銀杏(おおいちょう) 角界(かくかい・かっかい) 行司(ぎょうじ)
位(くらい) 小結(こむすび) 三段目(さんだんめ)
四股・四股名(しこ・しこな) 十両(じゅうりょう) 序二段(じょにだん)
序の口(じょのくち) 相撲(すもう) 関(せき)
関取(せきとり) 関脇(せきわけ) 丁髷(ちょんまげ)
はっけよい 褌(ふんどし) 前頭(まえがしら)
幕内(まくうち) 幕下(まくした) 横綱(よこづな)
力士(りきし)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス